先頭へ戻る

fpos_t | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(名前順)

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)

先頭へ戻る

fpos_t

概要

ファイル内の位置を表す型

ヘッダ

stdio.h

形式

typedef long int fpos_t;

詳細

ファイル内のある位置を表現するために必要な情報を格納できる型。fgetpos関数fsetpos関数で使用する。

注意

使用例

実行結果

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

void printLine(FILE* fp);

int main(void)
{
    FILE* fp;
    fpos_t pos;

    fp = fopen( "test.txt", "r" );
    if( fp == NULL ){
        fputs( "ファイルオープンに失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }

    printLine( fp );
    fgetpos( fp, &pos );
    printLine( fp );
    printLine( fp );
    fsetpos( fp, &pos );
    printLine( fp );

    if( fclose( fp ) == EOF ){
        fputs( "ファイルクローズに失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }

    return 0;
}

void printLine(FILE* fp)
{
    char buf[80];

    fgets( buf, sizeof(buf), fp );
    printf( buf );
}

入力ファイル(test.txt)

aaaaa
bbbbb
ccccc
ddddd

実行結果:

aaaaa
bbbbb
ccccc
bbbbb

関連

この型の値は fgetpos関数で取得し、fsetpos関数で使用される。

解説章

第41章


参考リンク


------------------------------------------------------------------------

更新履歴

'2018/4/8 新規作成。


------------------------------------------------------------------------

標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー