先頭へ戻る

ignore_handler_s | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(名前順)

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)

先頭へ戻る


ignore_handler_s関数

概要

何もしない実装の実行時制約ハンドラ

ヘッダ

stdlib.h

形式

void ignore_handler_s( const char * restrict msg, void * restrict ptr, errno_t error );

引数

msg 違反した実行時制約について説明する文字列へのポインタ。
ptr ヌルポインタ、または実装定義のオブジェクトへのポインタ。
error 実行時制約違反を検出した関数の戻り値が errno_t型であれば、その戻り値。そうでなければ、errno_t型の正の値。

戻り値

なし

詳細

実行時制約違反に対して、何もしないという実装を行った実行時制約ハンドラ。

set_constraint_handler_s関数に渡すことで、実行時制約ハンドラとして使用される。

実引数は、実行時制約違反を検出した関数から渡される。

この関数は、単に return するだけの実装である。戻り先は、実行時制約違反を検出した関数内であり、その関数は実行時制約違反が起きたことを示す戻り値を返す。

この関数は、__STDC_LIB_EXT1__ が定義されている処理系(用語集)でのみ使用できる。また、この関数を使用するのなら、<stdlib.h> をインクルードする前に、__STDC_WANT_LIB_EXT1__ という名前のマクロを、置換結果 1 として定義することが作法となっているが、これを行わずとも関数を使用できる処理系もあり得る。

注意

Visual Studio 2017 では使用できない。

使用例

// Visual Studio 2017 には、set_constraint_handler_s関数がなく、
// そもそも、実行時制約に関する仕様も異なるため、
// このサンプルプログラムはコンパイルできない。

#define __STDC_WANT_LIB_EXT1__ 1
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>

int main(void)
{
    set_constraint_handler_s(ignore_handler_s);

    char s[5];
    if (strcpy_s(s, sizeof(s), "xxxxxxxx") == 0) {
        puts(s);
    }
    else {
        fputs("文字列のコピーに失敗", stderr);
    }

    return 0;
}

実行結果 (stderr):

文字列のコピーに失敗

関連

プログラムを異常終了させるという挙動を実装した abort_handler_s関数が定義されている。

解説章


参考リンク


更新履歴

'2019/8/27 新規作成。


------------------------------------------------------------------------

標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー