先頭へ戻る

setlocale | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(名前順)

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)

先頭へ戻る

setlocale関数

概要

ロケールに関する設定を行う。あるいは設定を問い合わせる。

ヘッダ

locale.h

形式

char* setlocale(int category, const char* locale);

引数

category

変更する機能のカテゴリ。標準で用意された各種マクロ(LC_ALLLC_COLLATELC_CTYPELC_MONETARYLC_NUMERICLC_TIME)、あるいは、処理系が独自で追加した LC_ で始まる名称のマクロのいずれかを与える。

locale

対象のカテゴリに与える文字列。あるいはヌルポインタ。

戻り値

成功した場合は、変更前の(引数locale がヌルポインタの場合は現在の)文字列。失敗した場合は、ヌルポインタ。

詳細

引数category で指定したカテゴリのロケールを、引数locale の文字列で変更する。引数locale に使用できる文字列の内容は環境に応じて異なるので、それぞれのマニュアル等を参照すること。
引数locale がヌルポインタの場合は、現在のロケールを問い合わせる。
引数locale に "" を指定した場合、実行環境で定義されている標準の設定を使うことを意味する。また、"C" を指定した場合は、C言語の規格で定義された環境(Cロケール)を使うことを意味する。setlocale関数によって設定を変更するまでは、デフォルトでCロケールが使用される。

注意

返されたポインタが指す文字列は書き換えてはならない。

使用例

#include <stdio.h>
#include <locale.h>

int main(void)
{
    char* s;

    s = setlocale( LC_ALL, NULL );
    puts( s );

    s = setlocale( LC_ALL, "" );
    puts( s );

    return 0;
}

実行結果:

C
Japanese_Japan.932

関連

解説章


参考リンク


------------------------------------------------------------------------

更新履歴

'2018/4/20 「NULL」という表記を「ヌルポインタ」に修正。

'2018/1/22 新規作成。


------------------------------------------------------------------------

標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー