先頭へ戻る

strerror | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(名前順)

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)

先頭へ戻る

strerror関数

概要

エラーメッセージの文字列を取得する。

ヘッダ

string.h

形式

char* strerror(int errnum);

引数

errnum

エラー番号。

戻り値

引数errnum に対応するエラーメッセージの文字列へのポインタ。

詳細

引数errnum の値に応じたエラーメッセージを返す。通常、実引数は errno を指定するが、どんな値であっても何らかの有効な結果が返される。

注意

エラーメッセージの内容は、環境に応じて異なる。
返されたポインタを経由して、文字列の内容を書き換えてはならない。また、この関数を再度呼び出したときに、ポインタが指す先にある文字列の内容が変更される可能性がある。

使用例

#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <errno.h>

int main(void)
{
    puts( strerror(0) );
    puts( strerror(ERANGE) );
    return 0;
}

実行結果:

No error
Result too large

関連

解説章


参考リンク


------------------------------------------------------------------------

更新履歴

'2018/4/11 「詳細」を記述。「注意」に再度呼び出したときに文字列が書き換わる可能性を追記。

'2018/1/22 新規作成。


------------------------------------------------------------------------

標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー