先頭へ戻る

wcscpy_s | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(名前順)

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)

先頭へ戻る

wcscpy_s関数

概要

ワイド文字列をコピーする。

ヘッダ

wchar.h

形式

errno_t wcscpy_s(wchar_t* dest, rsize_t destmax, const wchar_t* src);

引数

dest

コピー先の配列。ヌルポインタは不可。

destmax

dest の要素数。

src

コピー元のワイド文字列。ヌルポインタは不可。また、文字列の長さは destmax よりも小さくなければならない。

戻り値

コピーに成功したら 0 が返される。何らかのエラーが発生したら 0以外が返される。

詳細

バッファオーバーフローなどの危険を避けつつ、dest へ src の内容を終端文字を含めてコピーする。
src、dest のいずれかがヌルポインタである場合、src の文字列長が destmax 以上である場合、src と dest が指すワイド文字列が重なり合っている場合には、実行時制約への違反となる。この場合、dest がヌルポインタでなく、0 < destmax <= RSIZE_MAX が満たされていれば、dest[0] にヌルワイド文字が書き込まれる。
この関数は、__STDC_LIB_EXT1__ が定義されている処理系でのみ使用できる。また、この関数を使用するのなら、<string.h> をインクルードする前に、__STDC_WANT_LIB_EXT1__ という名前のマクロを、置換結果 1 として定義することが作法となっているが、これを行わずとも関数を使用できる処理系もあり得る。

注意

VisualStudio 2017、clang 5.0.0 のいずれでも、__STDC_LIB_EXT1__ が定義されていない。しかし、VisualStudio においては、この関数を使用できる。

使用例

#define __STDC_WANT_LIB_EXT1__ 1
#include <wchar.h>

int main(void)
{
    wchar_t s[20];

    wcscpy_s( s, sizeof(s) / sizeof(s[0]), L"abcde" );
    wprintf( L"%ls\n", s );

    return 0;
}

実行結果:

abcde

関連

この関数が定義されていない場合は、wcscpy関数wcsncpy関数を検討する。
マルチバイト文字列版の strcpy_s関数がある。

解説章


参考リンク


------------------------------------------------------------------------

更新履歴

'2019/2/12 VisualStudio 2015 の対応終了。

'2018/8/23 新規作成。


------------------------------------------------------------------------

標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー