先頭へ戻る

Windows - コマンドプロンプトを開く | Programming Place Plus

Programming Place Plus トップページ -- 資料集 -- Windows

先頭へ戻る

この章の概要

この章の概要です。


コマンドプロンプト

コマンドプロンプトは本来、コマンド(用語集)の入力を待っていることを示すために表示される記号のことです。

しかし、Windows においては、コマンドを入力する背景が黒いウィンドウのこと(本当は黒いとは限りませんが)、あるいはその正体である cmd.exe を指してコマンドプロンプトということが多いです。実際のところ、Windows自身がコマンドプロンプトと表記しているので、決して間違っているわけではありません。「資料集 - Windows」ではこちらの意味で使います。

コマンドプロンプトを使うと、文字列で表現される Windowsコマンドを使って、Windows を操作できます。グラフィカルな操作はできず、キーボードからの入力だけで操作します。

コマンドプロンプトを開く

コマンドプロンプトを開く方法はいくつかありますが、簡単なのは、Windows の検索ボックスを使うことです。おそらく画面下端にあるでしょう。

検索ボックス
検索ボックス

ここをクリックして、「cmd」と入力します(「コマンドプロンプト」でも構いません)。すると、コマンドプロンプトが検索されて提示されますから、これを選択します。

「最も一致する検索結果」に選ばれていれば、Enterキーを押すことで確定できます。


なお、Windows のスタートメニューから実行する場合は、スタートメニューをクリックしたあと、【W】のカテゴリから【Windows システムツール】>【コマンド プロンプト】を選択します。

検索ボックス
検索ボックス

参考リンク


------------------------------------------------------------------------

更新履歴



Windows のトップページへ

資料集 のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー