先頭へ戻る

コマンドプロンプト - 矩形選択 | Programming Place Plus

Programming Place Plus トップページ -- 資料集 -- Windows

先頭へ戻る

この章の概要

この章の概要です。


矩形選択

コマンドプロンプトで矩形選択(箱型選択)をするには、以下の設定を切り替えます。

  1. ウィンドウの左上にあるアイコンをクリック
  2. 【プロパティ】を選択
  3. 【オプション】タブを選択
  4. 【行の折り返し選択を有効にする】のチェックを外す

そのうで、マウスでドラッグするか、キーボードで Shift+方向キーを使って、矩形(箱型)で範囲選択できます。

過去の表示内容のところへカーソルを移動させるには、Ctrl+Mキーでマークモードに入る必要があります。あるいは、簡易編集モードを使います。

参考リンク


------------------------------------------------------------------------

更新履歴



Windows のトップページへ

資料集 のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー