先頭へ戻る

バグ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

プログラムソースコードに含まれた何らかのミスのことです。

バグは、プログラムの実行中になんらかのエラーが発生するような、分かりやすいものに限りません。表示物の位置がずれているというように、致命的とはならず、下手をすれば誰も気が付かない程度のものもありえます。ともかく、プログラムの本来の仕様と異なっているものがバグであるといえます。そのため、プログラムの仕様がきちんと定められていなければなりません。

バグには、プログラマーの入力ミスのような些細なものもありますし、仕様の把握ミスや、アルゴリズムの選定や実装のミスなど、さまざまな原因が考えられます。

ちなみに、バグは「虫」のことですが、これはかつて、あるコンピュータに起きた不調の原因が、コンピュータの中に入り込んだ虫(蛾)であったことに由来しているといわれます。バグの原因が必ずしも、プログラムにあるとは限らない事例ともいえます。

バグを見つけ出して、修正することをデバッグといいます。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー