先頭へ戻る

プロシージャ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

何らかの処理を行うために必要なソースコードをひとまとめにしたものです。

プロシージャは、ほかのコードから呼び出して使用できます。同じ目的のコードの記述を重複させず、プロシージャとしてまとめておくことによって、コードの再利用性が高まり、保守性の向上にも寄与します。

プログラミング言語には、このような「ひとまとめのコード」を実現する方法が用意されています。具体的な方法は言語の種類によって異なりますが、関数サブルーチンと呼ばれる機能が用意されていることが多いです。

プロシージャ、関数、サブルーチン(ルーチン)といった用語の使い分けはあまり統一されているわけではなく、結局のところ、「コードをひとまとめにしたもの」という意味で同一です。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー