先頭へ戻る

マジックナンバー | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

ソースコード内に記述されたリテラル10a など)のうち、その意図するところが明確でないものをいいます。

マジックナンバーは、記述した本人にしか意図が分からなかったり、本人ですらも、日にちが経ってから読み返すと、当時の意図が分からなかったりします。意図が分からない以上、安易に変更することもできないので、後からプログラムに修正を加えるときに障害になります。

マジックナンバーは、名前がある記号定数にしておけば、(名前の付け方が適切ならば)意図が分かりやすくなります。また、その値を繰り返し使う場合にも、定義が1箇所だけになるので、後から値を変更することが簡単になる利点もあります。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー