先頭へ戻る

リテラル | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

ソースコード内で、10'a' のように、特定のデータ)を直接的に記述したものです。

「リテラル(literal)」という英単語の意味は「文字通りの」です(参考リンク1)。

似たような意味の用語として、定数があります。定数とは、データに名前を付けたもののことです。ただし、リテラルと定数が同じ意味で使われることもあります。

プログラミング言語の種類によって表記方法は異なりますが、たとえば、

const int ARRAY_SIZE = 500;

このように記述したとき、500 はリテラル(値を直接記述している)、ARRAY_SIZE は定数(500 に名前を付けた)です。

一般に、値には名前を付けて取り扱った方が、コードは分かりやすくなります。リテラルを直接使って処理を記述すると、その値の意味を理解することが難しくなることがあり、それを使っているコード全体を読み込まなければならなくなります。そのような分かりづらいリテラルは、マジックナンバーと呼ばれ、悪いプログラミングの例として知られています。

もちろん、先ほどのコード例のように、定数を作るための値をリテラルとして記述することに問題はありません(こう書かざるを得ません)。同様に、変数をクリアするときに与える「0」のようなリテラルも、よほど特殊な使い方をしていない限り、問題になりません。

マジックナンバーには、値を変更するときに、どこを修正すればいいのか分からなくしてしまうという問題もあります。

プログラミング言語によって、リテラルとして表記できる型に制限があります。ほとんどの言語では、整数型浮動小数点型文字型の値をリテラルとして表記できます。

C言語の場合

C言語でリテラルと呼ばれているものは、文字列リテラルと、複合リテラル(C言語編第26章C言語編第32章)だけです。

整数や浮動小数点数、文字の値を直接記述したものは、定数(整数定数、浮動小数点定数、文字定数)と呼んでいます。


参考リンク

  1. literal とは 意味・読み方・表現 | Weblio英和辞書

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー