先頭へ戻る

二分木 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

木構造のうち、1つのに対する子の数が2つ以下に制限されているもののことです。

二分木のうち、葉(一番下位の節)を除くすべての節が、2つずつの子をもっているものを全二分木と呼びます。この条件に加えて、どの葉も同じ深さになっている場合には、完全二分木と呼ばれます。

二分木の解説が、アルゴリズムとデータ構造編【データ構造】第7章にあります。

「左の子の値<親の値<右の子の値」といった大小関係を持つように構成された二分木を、二分探索木と呼びます。二分探索木は、二分探索の手法を使って、目的のをもった節を効率よく探索できます。

二分探索木の解説が、アルゴリズムとデータ構造編【データ構造】第8章にあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー