先頭へ戻る

値 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

プログラムの中で、処理の対象になるデータのことです。

読み方は「あたい」です。

コンピュータが表現するものですから、根源的には 0 と 1 のビットの並びにすぎません。ですから、それが本当は数字を表しているのか、文字を表しているのか、それ以外の何かを表しているのかといったことを示す方法が必要です。その方法として、(データ型)があります。

値には必ず型があり、「値は型を持つ」といいます。型についての具体的なことはプログラミング言語によって異なりますが、一例を挙げると、整数型浮動小数点型文字型といったものがあります。たとえば、C言語ではそれぞれ、1012.34'a' といったふうに記述します。

値は、10'a' のようにそのまま表現できるほか(このような表記をリテラルと呼ぶことがある)、変数に格納して使うこともできます。また、値そのものに名前を付けて、定数として扱う場合もあります。

「値」と「データ」の違いは微妙ですが、プログラミング言語が標準で定義している型を単独で使って表現できるものは「値」と呼ぶことが多いです。一方で、入出力によってやり取りされるものは、必ずしも標準の型で単独で表現できるとは限らず(たとえば、構造体のような複合的な型を定義しなければ表現できない)、「データ」と呼びます。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー