先頭へ戻る

論理型 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

データ型の一種で、ブール値(論理値)を扱うものです。

ブール値は、論理演算の対象になるもので(結果もブール値)、「ある命題が、真であるか偽であるか」という2通りだけをあつかうです。条件式の結果として登場することが多いです。

論理型では、2種類の値(真か偽)のいずれかを保持できます。プログラミング言語の種類によって異なりますが、真を true、偽を false というリテラルで表すことが多いです。言語によっては論理型が用意されていない場合もあり、真と偽の表現を、整数型の 0 か 1(あるいは 0 か 0以外)のようにして代用することがあります。

たとえばC言語には、C99 より前の規格では論理型がなく、int型で代用しました。C99規格で _Bool型が追加されていますが、マクロを使って int型を置き換えたものであり、_Bool b = 3; のような記述も可能であるなど、論理型としては不十分なものです。C言語の論理型については、C言語編第13章で解説しています。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー