先頭へ戻る

スクロールバー | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

ウィンドウの表示内容が表示領域に収まりきらないとき、スクロールの操作のために右端や下端に表示される棒状のウィジェットのことです。

右端に表示されるスクロールバーは、上下方向のスクロールを行うためのもので、垂直スクロールバーと呼ばれます。下端に表示されるスクロールバーは、左右方向のスクロールを行うためのもので、水平スクロールバーと呼ばれます。

スクロールバーは、細長い棒状の領域、その上のどこかに配置されているボックス(スライダーと呼ばれる)、端に固定されている矢印が描かれたボタンから構成されています。

スライダーは、現在の表示内容が、表示したい内容全体に対してどの辺りの位置のものなのかを表すように位置取りされます。また、スライダー自体の大きさによって、現在の表示内容が、全体に対してどの程度の比率を占めているかを表している場合もあります。スライダーはドラッグ操作でスライドさせることができ、その動きに合わせて表示内容がスクロールします。

細長い棒状の領域は、クリックタップをすることで、表示内容が一度にスクロールします。このときのスクロール量は多くの場合、現在の表示内容と同じ大きさです。

端に固定されている矢印のボタンは、クリックやタップをすることで、その矢印の向きと同じ方向に表示内容がスクロールします。このときのスクロール量は、そのアプリケーションにおける最小単位分であることが一般的です。また、ボタンを押し続けていると、連続してスクロールすることが多いです。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー