先頭へ戻る

アプリケーションソフトウェア | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

ある特定の問題を解決する目的で作られたソフトウェアのことです。

よく「アプリ」という言葉が使われますが、アプリケーションソフトウェアを省略した呼び名です。

「アプリケーション (Application)」とは「応用」という意味です。コンピュータがもつ圧倒的な処理能力自体は、特定の目的に特化していません。その能力を何か特定の問題を解決することに応用する(使う)ために、アプリケーションソフトウェアがあります。

反対に、コンピュータの能力を応用するのではなく、能力そのものを提供するために存在するソフトウェアを、システムソフトウェアと呼びます(ただし、線引きは必ずしも明確ではなく曖昧です)。Windows のような、いわゆるオペレーティングシステム(OS)などがシステムソフトウェアに当たります。

アプリケーションソフトウェアは、システムソフトウェアが提供する機能を使用することで実現されています。

アプリケーションソフトウェアの具体例は大量にありますが、たとえば、Excel のような表計算ソフトや、テキストエディタなどが挙げられます。

コンピュータ上で、アプリケーションソフトウェアを使用可能な状態にするには、インストールという作業を行う必要があります。

購入してきたパソコンスマートフォンなどでは、最初からいくつかのアプリケーションソフトウェアが使用可能な状態になっています。これは、最初からインストールされているということであって、そのようなソフトウェアは、「プリインストールされている」と表現します。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー