先頭へ戻る

多次元配列 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

要素配列になっている配列のことです。

配列の要素が配列になっていれば二次元配列と呼びます。配列の要素が配列で、その配列の要素がまた配列になっていれば三次元配列と呼びます。以降、その繰り返しが可能です(限界はプログラミング言語コンパイラなどの制約による)。

要素を特定するために、次元の数に応じて添字の個数も増やします(たとえば、array[2][4][1]array[2,4,1] といったように)。なお、多次元配列に対応させて、通常の配列を一次元配列と呼ぶこともあります。

C言語の多次元配列についての詳細は、C言語編第36章を参照してください。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー