先頭へ戻る

添字 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

配列において、格納されている各要素を指し示すために使われるのことです。

多くのプログラミング言語においては、先頭の要素を 0 とした連番の整数値が割り振られます。一部のプログラミング言語では、先頭を 1 で始める、あるいはそのように変更できます。

添字に整数以外の値(たとえば文字列)を使える特別な配列もあり、連想配列と呼ばれます。

表記はプログラミング言語によって多少異なりますが、たとえば、array という名前の配列の3番目の要素を、array[3] のように書きます。

また、array[index] のように、変数の値を添字とすることも可能です。たとえば、配列のすべての要素を順繰りにアクセスするループ構造に応用できます。以下はC言語の例です。

int main(void)
{
     int array[5];

     for (int i = 0; i < 5; ++i) {
          array[i] = i;
     }

     // 以下省略
}

C言語の配列についての詳細は、C言語編第25章を参照してください。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー