先頭へ戻る

単方向リスト | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

連結リストの分類の1つで、要素どうしの連結が、後続の要素への参照情報だけで行われているもののことです。

要素を後ろへ後ろへと辿っていくことはできますが、手前側へと戻っていくことができません。

単方向リストに対して、前後の要素への参照情報をもつ連結リストは、双方向リストと呼ばれます。

また、連結リストをほかの観点で分類する考え方があり、先頭と末尾という概念をもつものを線形リスト、先頭と末尾の概念がなく、要素が円環状に接続されているものを循環リストと呼びます。たとえば、先頭と末尾の概念があり、後続への参照情報だけをもつ連結リストは、線形リストであり単方向リストです(合わせて、単方向線形リストのように表現される場合もあります)。

連結リストの考え方や実装方法を、アルゴリズムとデータ構造編【データ構造】第3章アルゴリズムとデータ構造編【データ構造】第4章で解説しています。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー