先頭へ戻る

『新・明解C言語 入門編 第2版』 | Programming Place Plus 参考書籍

Programming Place Plus トップページ参考書籍C言語

先頭へ戻る

基本情報

一言紹介
C言語入門書のベストセラー
レベル
初級
5段階評価
★★★★★
出版日
2021年9月
こういう人におすすめ
C言語を正しく理解していきたいと思っている入門者。
情報量が多い本を少しずつでも継続して読み進めていける人。
こういう本ではない
ISBN
978-4815609795

内容紹介

C言語入門書のベストセラー。

さまざまなプログラミング言語の入門書で定評のある柴田望洋氏の著作です。

本書は、タイトルに「新」が付いた新シリーズの中の「入門編」をさらに改版したものにあたります。「新」のシリーズには入門編の続きにあたる、中級編実践編があります(2022年9月現在、実践編の第2版は登場していません)。

6色刷りの見栄えの良さ、サンプルソースの量、図表の多さ、解説の詳しさなどで高い評価を得ている良質な入門書です。

第2版は、前の版と章立てにはさほど違いはないようですが、解説はさらに詳しくなり、サンプルコードも追加されています。

C言語の標準仕様に沿った、かなり正確な解説をする方針で書かれており、比較的本気度の高い学習者向けの入門書であると思います。解説自体は、ほかの入門書とは比較にならないほど詳しいので、教科書的な雰囲気の本に抵抗がなければ、これ1冊で十分な入門学習が可能です(もっと実践的に学びたければ、中級編や実践編にあたると良いでしょう。第2版が出るかどうかは分かりませんが、旧版でも十分だと思います)。

学校の教科書や独習書として使えます。ただし、過去シリーズの頃から色々なところで言われている(要望もされている)ことですが、練習問題に解答がありません。「おわりに」のところには、みずから考えて問題を解く努力を期待しているのだという想いが書かれていますが、これは人によっては低評価になる部分かもしれません。一応、演習問題の解答・解説は別の本(『新・解きながら学ぶC言語 第2版』)として販売されています(こちらには追加の問題もあります)。

また、開発環境を準備することに関する解説もなく、いきなりC言語のプログラミングの解説がスタートします。開発環境の構築も、入門者には難関とされている部分なので、ご注意ください(これも「おわりに」のところに理由が書いてあって、要はすぐに陳腐化してしまうから、自分で調べてほしいということです)。


【紙媒体】

【電子書籍】

関連書籍

更新履歴





C言語の参考書籍トップページへ

参考書籍のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー