先頭へ戻る

ferror | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(名前順)

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)

先頭へ戻る

ferror関数

概要

ファイル処理のエラーの有無を確認する。

ヘッダ

stdio.h

形式

int ferror(FILE* stream);

引数

stream

対象のストリーム。

戻り値

ストリームのエラー指示子がセットされていたら 0以外を返す。そうでなければ 0 を返す。

詳細

エラー指示子は、FILE型のオブジェクトの中にあり、読み取りや書き込みの際にエラーが発生したときにセットされている。この値を直接調べるのは不適切であり、必ずこの関数を呼び出すべきである。
fopen関数fclose関数の失敗のような、読み書き自体のエラーではないものは、この関数では検出できない。それぞれの戻り値を調べればよい。
1度セットされたエラー指示子は、クリアを行わない限りセットされ続けている。エラー指示子のクリアは clearerr関数によって行う。

注意

使用例

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main(void)
{
    FILE* fp;
    int c;

    fp = fopen( "test.txt", "r" );
    if( fp == NULL ){
        fputs( "ファイルオープンに失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }

    for( ;; ){
        c = fgetc( fp );
        if( c == EOF ){
            if( feof(fp) ){
                break;
            }
            else if( ferror(fp) ){
                fputs( "読み込み中にエラーが発生しました。\n", stderr );
                exit( EXIT_FAILURE );
            }
            else{
            }
        }
        putchar( c );
    }

    if( fclose( fp ) == EOF ){
        fputs( "ファイルクローズに失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }

    return 0;
}

入力ファイル(test.txt)

Hello, World

実行結果

Hello, World

関連

clearerr関数で、エラー指示子のクリアができる。

解説章

第40章


参考リンク


------------------------------------------------------------------------

更新履歴

'2018/4/7 全体的に文書を見直し修正。

'2018/1/22 新規作成。


------------------------------------------------------------------------

標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー