先頭へ戻る

fwrite | Programming Place Plus C言語編 標準ライブラリのリファレンス

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(名前順)

Programming Place Plus トップページ -- C言語編 -- 標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)

先頭へ戻る

fwrite関数

概要

出力ストリームへ、任意の大きさの要素を任意の個数だけ書き込む。

ヘッダ

stdio.h

形式

size_t fwrite(const void* ptr, size_t size, size_t n, FILE* stream);

引数

ptr

書き込むデータが格納された配列を指すポインタ。

size

要素1個の大きさ。

n

要素数。

stream

出力ストリーム。

戻り値

実際に書き込まれた要素数。
エラーが発生した場合には、引数n よりも小さい値が返される。

詳細

引数 n の個数分だけ、大きさが引数 size の要素を書き込む。

注意

使用例

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main(void)
{
    FILE* fp;
    int num = 900;
    double d = 7.85;
    char str[] = "xyzxyz";


    fp = fopen( "test.bin", "wb" );
    if( fp == NULL ){
        fputs( "ファイルオープンに失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }

    fwrite( &num, sizeof(num), 1, fp );
    fwrite( &d, sizeof(d), 1, fp );
    fwrite( str, sizeof(str[0]), sizeof(str), fp );

    if( fclose( fp ) == EOF ){
        fputs( "ファイルクローズに失敗しました。\n", stderr );
        exit( EXIT_FAILURE );
    }

    return 0;
}

実行結果(標準出力)

実行結果(test.bin のテキスト表現)

????ffffff@xyzxyz 

関連

読み込みには fread関数を用いる。

解説章

第42章


参考リンク


------------------------------------------------------------------------

更新履歴

'2018/4/8 全体的に文章を見直し修正。

'2018/2/22 「サイズ」という表記について表現を統一。 型のサイズ(バイト数)を表しているところは「大きさ」、要素数を表しているところは「要素数」。

'2018/1/22 新規作成。


------------------------------------------------------------------------

標準ライブラリのリファレンス(名前順)のトップページへ

標準ライブラリのリファレンス(ヘッダ別)のトップページへ

C言語編のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー