先頭へ戻る

RGB | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

色の表現方法の1つで、光の三原色である赤・緑・青を混ぜ合わせて色を表現する方式のことです。

赤(Red)、緑(Green)、青(Blue) の頭文字を取って RGB と呼びます。ここに、アルファ値(Alpha、透明度のこと) を付け加えて RGBA とする表現方式もよく使われます。

RGB の色は、赤・緑・青がどれだけ含まれているかを数値化して表現します。RGB では色深度 24bpp による表現が多く、この場合、赤・緑・青に 8ビットずつ割り当てられるので、それぞれの範囲は 0~255 です。0 は輝度(ここではその原色の強さ)が最小であることを示し、255 は輝度が最大であることを示しています。RGBA の場合は、アルファ値のために 8ビットを追加した 32bpp で表現することが多いです。

なお、赤・緑・青を同じ輝度で混ぜ合わせるとグレーになり、すべての輝度が最大のとき白くなります。反対にすべての輝度が最小のとき黒になります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー