先頭へ戻る

bpp | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

色深度(表現可能な色数)を表す単位の1つで、1ピクセル当たりのビット数のことです。

1bpp では 2色(21)だけ表現でき、これは通常、白と黒のモノクロになります。2bpp 以上の場合には、白と黒のあいだに段階を設けて、灰色(グレー)を用いて表現するグレースケールと呼ばれる方法を採ることがあります。

モノクロやグレースケールの画像を除いて、通常は、ビットを RGB(赤・緑・青)のそれぞれに割り当てることで色を表現します。たとえば、24bpp では、RGB それぞれに 8ビットずつを割り当てます。この場合、赤・緑・青それぞれが 256 (28) の階調を持てることになり、約1677万色 (256×256×256) を表現できます。

RGB への割り当てによって色を表現している場合、16bpp をハイカラー、24bpp や 32bpp をフルカラーあるいはトゥルーカラーと呼びます。10億色を超える色数を表現できる場合(RGB それぞれに 10ビットずつ以上の割り当てが必要)ディープカラーと呼ばれます。

また、使える色の一覧であるパレットという情報を別にもち、その中から色を選択して使うインデックスカラーと呼ばれる表現方法があります。この方法を使う色深度は 4bpp や 8bpp のことが多く、4bpp なら 16種類 (24) の色が、8bpp なら 256種類 (28) の色が選択できます。パレット内の色はハイカラーであったり、フルカラーであったりします。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー