先頭へ戻る

ベータ版 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

ソフトウェアなどの正式版のリリース前に、ユーザーに試用してもらうサンプルバージョンのことです。

正式版で予定されている機能は実装済みになっており、ユーザーに実際に使って試してもらえるものになっています。ユーザーからの評価を受けて、さらなる改善が加えられて、正式版のリリースにつながります。

開発関係者だけに公開するアルファ版とちがって、一般のユーザーに公開するものなので、致命的な不具合は取り除いていますが(もちろん 100% 保証できることではありません)、細かい不具合は残っている可能性があります。


ベータ版はさらに、クローズドベータとオープンベータに分けられることがあります。クローズドベータは、開発関係者や過去のバージョンの利用者、登録ユーザーなど、限られた人たちにだけに限定して公開されるものです。オープンベータは、枠を設けず、一般に広く公開します。順番としては、まずクローズドベータが公開され、そこで得られた意見・評価を反映して、オープンベータに移行します。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー