先頭へ戻る

バッファ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

データを転送する際に、一時的にデータを記憶しておくために使われる記憶装置や領域のことです。

転送元と転送先の処理速度や転送速度の差を吸収したり、両者のタイミングが同期できない場合に間を取り持つために使われたりします。

たとえば、出力装置ストレージの速度は CPU より遅いため、CPU の動きにあわせて出力処理をおこなうことはできません。そこで、出力するデータをバッファに蓄えるようにすることで、出力側の装置は自身のペースでデータを取り出しながら処理を進められます。CPU はバッファへの書き出しを終えれば、実際の出力の完了を待たずにほかの作業に移ることができる利点もあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー