先頭へ戻る

パッチ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

ソフトウェアを構成するプログラムデータを更新するための差分データのことです。

主に、バグの修正や、機能の更新があったときに提供されます。

修正版をまるまる全部提供するのではなく、差分(違っている部分)だけを抽出して提供します。この差分情報を使って、実際に更新をおこなうことをよく、「パッチをあてる」とか「パッチを適用する」と表現します。

差分の提供で済ませるのは、ソフトウェアの規模が大きいと、変更情報だけでも巨大になることがあり、特にダウンロードによって提供すると、非常に効率が悪くなるためです。現在では通信速度も速くなっており、多少のサイズ増加はあまり気にならなくなっているため、パッチの形ではなく、最新版一式すべてをダウンロードさせる方法を取るものも多くなっています。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー