先頭へ戻る

キャメルケース | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

命名規則の1つで、複数の言葉で構成される単語やフレーズをつなげて表記するとき、各要素の先頭にくる文字を大文字で表記する方法のことです。

ほとんどのプログラミング言語では、1つの名前の中にスペースを挟み込むことができないため、たとえば得点を取得する関数の名前を get score とはできません。そこで、こういった場合の表記のルールが必要であり、その1つがキャメルケースです。

この例をキャメルケースで命名すると、getScore あるいは GetScore になります。一番先頭の文字を小文字にする方法は特に、ローワーキャメルケース(LCC)と呼びます。一番先頭に来る文字についても大文字にする方法は特に、アッパーキャメルケース(UCC)あるいはパスカルケースと呼ばれます。

単にキャメルケースといったときには、ローワーキャメルケースとアッパーキャメルケースの両方を含めている場合と、ローワーキャメルケースのことを指している場合とがあります。後者の場合、アッパーキャメルケースをパスカルケースという名前で呼び分けます。

なお、「キャメル」とは「ラクダ」のことで、名前の途中にあらわれる大文字の部分を、ラクダのこぶに見立てています。


キャメルケース以外によく使われる方法として、スネークケースケバブケースがあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー