先頭へ戻る

スネークケース | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

命名規則の1つで、複数の言葉で構成される単語やフレーズをつなげて表記するとき、各要素を「_」で区切って表記する方法のことです。

ほとんどのプログラミング言語では、1つの名前の中にスペースを挟み込むことができないため、たとえば得点を取得する関数の名前を get score とはできません。そこで、こういった場合の表記のルールが必要であり、その1つがスネークケースです。

この例をスネークケースで命名すると、get_score になります。通常、大文字と小文字の混在を避けるように書きます。

プログラミング言語は、キーボードから簡単に入力できる記号のほとんどをほかの用途で使ってしまっているため、区切り文字として使えそうな文字が少ないですが、「_」は名前の一部として使えることが多く、この表記方法もよく使われています。「-」が使える言語であれば、「-」を使うという選択肢もあります(これはケバブケースと呼ばれています)。

なお、「スネーク」は「蛇」のことですが、スネークケースによる表記が、平たく細長いような感じにみえることからきています。


スネークケース以外によく使われる方法として、キャメルケースがあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー