先頭へ戻る

コーディング | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

ソースコードを、何らかのプログラミング言語を用いて記述する行為のことです。

プログラムを作成するために行う一連の作業工程の1つです。一連の作業工程というのは、設計、コーディング、テストデバッグといったものです。

かつては、コーダーと呼ばれる専任の担当者が行う仕事だったこともありますが、現代ではプログラマーが行う仕事の範疇であるのが普通です。そのため、コーディングのことを指して、プログラミングと呼ぶこともありますが、これは狭い意味でのプログラミングです。

また現在では、HTML のようなマークアップ言語や、CSS を用いて、Webページの内容を記述する行為のことをコーディングと呼ぶ機会が多くなっています。この意味でのコーディングを行う人や職業もコーダー(Webコーダー)と呼ばれますが、こちらの意味では非常に多くの人が活躍しています。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー