キーボード | Programming Place Plus 用語集

トップページ用語集

名称

解説

コンピュータの代表的な入力装置の1つで、多数並んだボタンを指で押すことによって入力を行う装置です。

USB や Bluetooth などを用いてコンピュータと接続しますが、ノートパソコンなどでは本体と一体化しています。

ボタンのことをキーと呼びます。また、キーを押して離す操作を、キーストローク(打鍵)といいます。

キーには、そのキーの用途をあらわす文字や数字、記号などが刻印されており、押したキーによって異なる入力情報(スキャンコード)をコンピュータ(CPU)に伝達します。また、複数のキーを組み合わせる入力もあります(Shiftキーを押しながら、ほかのキーを押すなど)。

キーの並び順にはいくつかの標準が存在しますが、QWERTY配列になっていることが多いです(“QWERTY” という名称は、アルファベットのキーが並んでいる最上段の列を左から順に読んだものです)。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー
先頭へ戻る