先頭へ戻る

メタデータ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

データに関するデータのことです。

適切なメタデータが存在することは、データを効率的に検索、管理するための助けになります。

たとえば、データを分類・整理するために目印となるタグ(短い文字列)を付けるタギングという手法では、付けられるタグがデータの属性や特徴などを表現しており、タグはメタデータであるといえます。データを検索するとき、タグを使って検索すれば、関係しているデータを見つけ出せます(適切にタグが付けられていればの話ではありますが)。画像や音声、動画のようなデータは、その内容を指定して検索することが難しいので、タグを使うことの価値がより大きいといえます。

そのほかにも、ファイルに付けられた名前や、作成日時、作成者、拡張子といった情報はメタデータであるといえます。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー