先頭へ戻る

ソースファイル | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称



解説

何らかの処理を行う対象のファイルのことです。プログラミングにおいては、ソースコードを記録したファイルのことです。

C言語の場合

C言語には、拡張子 .c に代表されるファイルと、拡張子 .h に代表されるヘッダファイルがあるため、用語に混乱が見られることがあります。

解説記事の多くで、前者をソースファイル、後者をヘッダファイルと呼び分けています。Visual Studio でも同様です(表記はヘッダーファイル)。

しかし、ヘッダファイルのほうにもソースコードが記述されているのですから、これもソースファイルと呼ぶことができます。

なお、標準規格にはヘッダファイルという呼び名はなく、「ヘッダ」で統一されています。そもそも、ヘッダがファイルの形式であることを求めていないためです。しかし、ほとんどの環境では、ヘッダはファイルの形式であり、ヘッダファイルという用語は非常に一般的です。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー