先頭へ戻る

オーバーロード | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

プログラミング言語において、同じ名前の関数メソッドなどを複数定義し、使い分ける仕組みのことです。

C言語のようなオーバーロードができないプログラミング言語では、同じ名前を持った関数やメソッドなどを重複して定義することは許されず、引数が異なるが、処理内容としては同じになるようなケースでは、別の名前で関数を定義しなければなりません。オーバーロードができる言語の場合は、引数の型や個数に違いがあれば、同じ名前の関数やメソッドなどを定義できます。呼び出しの際に、同名の関数のうちのどれを呼び出すかは実引数の型や個数によって判断されます。

C++ や C# など、いくつかのプログラミング言語では、演算子のオーバーロードも可能で、オペランドの型に応じて使い分けることができます。

C++ による関数のオーバーロードの解説が、C++編【言語解説】第8章に、演算子のオーバーロードの解説が、第19章第35章にあります。

オーバーロードによって、静的な多態性を実現できます。同じく多態性を実現する方法として、よく似た名前のオーバーライドがありますが、まったく別のものです。オーバーライドは動的な多態性を実現します。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー