先頭へ戻る

メソッド | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

オブジェクト指向プログラミングにおける用語で、クラスやオブジェクトに属するサブルーチンのことです。

通常は、オブジェクト(インスタンス)に属するサブルーチンのことを指しています。しかし、クラスに属するサブルーチンもあります。両者を明確に区別しなければならない場合には、前者をインスタンスメソッド、後者をクラスメソッドと呼び分けます。

なお、C++ では、メソッドという呼び名を使わず、メンバ関数と呼びます。クラスメソッドにあたるものは、静的メンバ関数と呼ばれます。

オブジェクト指向プログラミングの特徴として、データ手続きを一体化するという考え方があります(カプセル化)。オブジェクトやクラスは、フィールドと呼ばれる変数(データ)を内包しており、それに加えてメソッドを持つことで、データと手続きの一体化を実現します。こうすることで、あるオブジェクトやクラスのデータを操作する方法は、そのオブジェクトやクラス自身がもつメソッドに限定されます。


メソッドという言葉自体は「手法」のような意味の英単語であり、IT関係以外の場面でも用いられるものです。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー