先頭へ戻る

Ctrlキー | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

キーボードにあるキー(ボタン)の1つで、「Ctrl」「Control」などと刻印されているキーのことです。

ほかのキー(あるいはマウスなどのほかの入力装置からの入力)と組み合わせて使う修飾キーの一種で、基本的には単独で押しても効果がないことが多いです。

特に、コピーペーストファイルの保存、直前の操作の取り消し(アンドゥ)など、通常はマウスなどを使ってメニューから選択して使う機能を、キー入力によって呼び出すショートカットキーの実現のために使うことが多いです。たとえば、コピーは Ctrlキーと Cキーの併用で行えることが多く、このショートカットキーを(特に Windows ではよく)「Ctrl+C」などと表現します。呼び出す機能とショートカットキーの対応関係は、アプリケーションによって異なりますし、自由に変更できる場合もあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー