先頭へ戻る

カット | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

データを別の場所へ移動させるために、元のデータをクリップボードに記憶することです。

カット操作は単独では意味をなさず、その後、任意の場所へのペースト操作を行うことで完結します。カットとペーストを合わせて、カットアンドペーストと呼びます。

カット時にデータがクリップボードと呼ばれるメモリ領域に記憶されます。そして、ペースト時にクリップボードから、指定した位置へ転送されます。

カットアンドペーストの目的はデータの "移動" なので、カット時に選択した元のデータは、どこかの段階で消去されます。テキストエディタで文書の一部を切り取るときのように、カット操作を行った時点で対象のデータが消去されるものもありますし、Windowsエクスプローラーファイルを切り取るときのように、ペーストを行うまでは消えないものもあります。

元のデータを消したくない場合、それはデータの "複製" が目的ということなので、コピーアンドペーストを行います。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー