先頭へ戻る

テキストエディタ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

テキストファイルを編集するためのソフトウェアです。

文字の入力・削除は当然のことながら、コピー・ペースト、検索・置換、複数行の同時編集や比較など、多数の機能を備えています。

Windows には、標準で「メモ帳」というテキストエディタが付属しています。また、有償・無償のテキストエディタが多数存在しています。機能の豊富さのほか、操作感にもテキストエディタごとの違いがあり、使用者の好みによって評価が分かれやすいジャンルです。

テキストファイルには、文字の色であったり、大きさであったりといった付加的な情報は含まれていませんから、テキストエディタでは、こういった付加情報は扱いません。このような付加情報も含めたファイルを扱うかどうかが、ワープロソフトとの決定的な違いです。

単純なテキスト形式ファイルでありながらも、こういった付加情報を表現するために、マークダウン記法を使う方法もあります。その場合は、テキストエディタで編集できます。

一般的な文書を作成するほかに、ソースコードを編集するために便利な機能をもっているものもあります。いくつかのプログラミング言語の文法ルールに合わせて設計されており、たとえば、入力を支援したり、キーワード等を分かりやすく色分けしたり、文法が間違っていることを指摘したりする機能をもちます。このようなテキストエディタは、コードエディタと呼ばれることがあり、最近では、Visual Studio Code などが代表的です。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー