先頭へ戻る

仮引数 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

関数呼び出し元から渡されたを受け取るために、関数側に記述する変数のことです。

読み方は「かりひきすう」です。

関数を呼び出す際に、引数と呼ばれる値を引き渡すことができます。

関数の定義や、関数を呼び出す記述方法はプログラミング言語によって異なりますが、たとえば次のように書きます。

// 関数の定義
void putsWithBrackets(string s)
{
    puts( "[" + s + "]" );
}

// 関数の呼び出し
putsWithBrackets("xyz");

関数 putsWithBrackets には s という名前の文字列型の引数があります。これに合わせるように、呼び出し側では文字列を1つ指定します。引き渡された "xyz" という文字列を、関数内では s という名前で使用できます。

ここで関数側に記述した変数 s のことを、仮引数と呼びます。一方、関数の呼び出し側に記述する "xyz" のような値のことを、実引数と呼びます。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー