先頭へ戻る

明示的な型変換 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

プログラミングにおける型変換のうち、プログラマーが明示的に記述して行うものを指します。

たとえば、10 + 2.5 のようなでは、1つの演算子+)のオペランド整数型と浮動小数点型になっており、一致していません。ルールはプログラミング言語によって異なりますが、コンパイラは両者の型を揃えてから演算を行えるように、1010.0 という浮動小数点型に変換します(これを暗黙の型変換と呼ぶ)。演算結果を整数型の変数に受け取りたい場合に(これもプログラミング言語の文法によって異なりますが)a = (int)(10 + 2.5) のような記述で型を明示して、強制変換することができます。これが明示的な型変換(キャスト)です。

キャストという用語が、暗黙の型変換も含んだ型変換全般のことを指しているケースもあります。

この明示的な型変換の例では、本来なら 12.5 であったはずの演算結果を、12 として受け取ることになります。つまり、型を強制的に変換できるからといって、変換前の値がそのまま維持される保証はありません(こういった、情報が失われる可能性がある型変換を、縮小変換と呼びます)。明示的な型変換は、プログラマーの責任の下で行う必要があります。

C言語におけるキャストについての解説が、C言語編21章に、C++ のキャストについての解説が、C++編【言語解説】第7章にあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー