先頭へ戻る

ラベル | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

プログラミング言語において、特定のに対して付ける名前(識別子)のことです。

使われ方や、そもそもラベルという概念があるかどうかは、プログラミング言語によって異なります。使われ方として多いのは、goto文のように、移動先の指定が必要なときに、移動先になるコードの位置を示すことです。

C言語の goto文の解説が、C言語編第17章にあります。

また、C言語の switch文で使われる casedefault もラベルです。これらは分岐先のコードの位置を示すために使われています。

C言語の switch文の解説が、C言語編第12章にあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー