先頭へ戻る

ライセンスキー | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

ソフトウェアの使用開始時に、そのソフトウェアが正規の方法で入手したものであることを確認するために入力する文字列のことです。

ソフトウェアが記録メディアで配布される場合、製品のパッケージに同梱された紙に印刷されていたり、記録メディアのケースに貼り付けられていたりします。ソフトウェアがダウンロードによって入手できる場合には、電子メールなどの手段で送られてきます。

ソフトウェアの使用を始めるとき(インストール時や初回起動時など)や、有料版などにアップグレードしたいときなどに、ライセンスキーを入力する画面があらわれます。入力したライセンスキーが、正規のものであると判定されれば利用を継続できます。ただし、ライセンスキーの入力がなくても、一部機能は使用できる場合もあります(試用版と同等の機能だけ解禁されているなど)。

1つのライセンスキーが重複して使用されないように(正規品を1つだけ入手して、複数のコンピュータにインストールする不正コピー行為)、ソフトウェアの発売元などが、ライセンスキーがすでにほかのコンピュータで使用されていないかどうかを管理する仕組みがあります。ライセンスキーを入力すると、インターネット(メールや電話、FAX、郵送などが使える場合もある)を通じて発売元などのコンピュータに問い合わせて、すでに使用済みのライセンスキーでないかが判定されます。この仕組みは、アクティベーションと呼ばれます。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー