先頭へ戻る

接頭辞 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

単語の先頭に付加して、なんらかの意味を持たせる数文字の要素(接辞)のことです。

たとえば、ソースコード上で、変数関数の名前に対して、そのや役割に応じた接頭辞をつけることがあります。ポインタ変数の名前の先頭につける「p」や、状態をブール値で返す関数の名前の先頭につける「is」といったものがあります。

また、単位をあらわすときに使う「キロ」や「ミリ」のようなものも接頭辞です。キロは、基礎になる単位の 103倍(=1000倍)であることを示し、「ミリ」は 10-3倍(1000分の1)であることを示しています。

接頭辞の反対で、単語の末尾に付加するものを接尾辞(サフィックス)といいます。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー