先頭へ戻る

ポインタ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

このページで取り上げる意味以外に、マウスポインタの意味もあります。


解説

いくつかのプログラミング言語がもつ機能で、メモリ上の位置を指し示すものです。

メモリ上には、定義済みの変数や、関数のコードなどが置かれていますから、それぞれを指し示すことができます。

ポインタの機能をもつプログラミング言語として代表的なのは、C言語C++ です。これらの言語では、メモリアドレスを使って、指し示す先の位置を表します。

ポインタ機能があると、メモリアドレスを直接参照できるため、アセンブリ言語のような低級言語に近い操作が実現できる点で、強力で効率的です。反面、少しのプログラミングの間違いにより、想定していなかったメモリ領域を書き換えてしまったり、バッファオーバーフローを起こしたりといった脆弱性を作り出してしまう恐れがあります。

ポインタに関する詳細な解説が、C言語編第31章第38章にあります。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー