先頭へ戻る

ショートカット | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

このページでは、Windows のショートカット機能について取り上げています。キーボード操作におけるショートカットは「ショートカットキー」を、ショートカットメニューについては「コンテキストメニュー」を参照してください。


解説

Windows のファイルシステムが提供する機能の1つで、別の場所にあるファイルフォルダなどを指し示す特殊なファイルのことです。

いわゆるソフトリンクと呼ばれる機能の Windows での実装です(ほかに、ジャンクションやシンボリックリンクも実装されています)。同様の機能がほかの OS でも提供されており、UNIX にはシンボリックリンク、macOS にはエイリアスがあります。

ショートカットファイルには、指し示すファイルやフォルダの絶対パスが保持されており、ショートカットファイルを実行すると、そのパスにあるファイルやフォルダを実行したことになります。

パス情報を持っているだけなので、指し示す先にあるファイルやフォルダが移動されたり、名前が変更されたりすると、指し示していたものを見失ってしまい、ショートカット側からは実行できなくなります。

ショートカットファイルに付けられる拡張子は .lnk です。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー