先頭へ戻る

シグネチャ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

このページでは、プログラミングにおける「シグネチャ」を取り上げます。

解説

プログラミングにおいて、関数メソッドの名前、引数の並び順などの組み合わせのことです。

プログラミング言語の種類などによって、どういった要素がシグネチャに含まれるのかは異なっています。少なくとも、名前と、引数の並び順は含まれると思われますが(関数を適切に呼び分けるために必要なので)、それ以外にも戻り値、仮引数の名前、例外の指定、アクセス指定子や各種の修飾子が含まれる場合があります。

C++ の場合

C++ では、関数(メンバ関数関数テンプレート(とその特殊化)、メンバ関数テンプレート(とその特殊化))の名前、仮引数の型の並び、テンプレート仮引数、CV修飾、参照修飾、所属するクラス名前空間まで含まれます。戻り値の型については、関数テンプレート、メンバ関数テンプレートの場合にだけ含まれることになっています。1


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー