先頭へ戻る

例外 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

プログラム実行中に起きる想定外の事態のことです。

例外の一例として、ゼロ除算や、ファイルへのアクセスの失敗などがありますが、これらは実行時エラーと呼ぶ場合もあります。このように、エラーと例外を、事実上区別なく扱う場合もありますが、何らかの区別を付ける場合もあります(プログラムの実行が続行できなくなるものをエラーと呼ぶなど)。

プログラマーは、プログラミング言語処理系が提供する機能を使って、例外の発生に備えるようにプログラムを記述できます(言語や処理系によります)。例外の発生を検出して、安全に対処することを例外処理と呼びます。"安全に対処する" には、プログラムの実行をあきらめて、終了させることも含まれます。

例外が発生したとき、例外処理がなされていない場合、プログラムの実行は強制終了(異常終了)されることが多いです。このような終了のしかたは、保存されるべきデータを失ったり、システムが異常な状態に陥ったりする恐れがあるため、避けなければなりません。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー