先頭へ戻る

スタックポインタ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

アドレスレジスタの一種で、コールスタックの先頭のメモリアドレスを保持するものです。

コールスタックに対してデータスタックフレーム)を読み書きするとき、スタックポインタが保持しているアドレス情報を使って、コールスタック内の対象位置を特定します。読み書きを行ったら、スタックポインタの内容を、読み書きしたデータの大きさに応じて増減します。


また、プログラミングで、データ構造スタックを実装するときによく、スタックポインタに見立てた変数を導入します。C言語によるスタックの実装例が、アルゴリズムとデータ構造編【データ構造】第5章にあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー