先頭へ戻る

テラ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

国際単位系における)接頭辞 の1つで、基礎になる単位の 1012倍(=1兆倍)であることを表します。

たとえば、データの大きさの単位であるバイトに対して、テラバイトというふうに使われます。1テラバイトは 1012バイト(=1兆バイト)です。

表記に使う記号は「T」です。必ず大文字で表記することに注意してください(同種の接頭辞の中で、キロだけは例外的に小文字の記号を使います)。

テラを 240倍(=1,099,511,627,776倍)の意味で使うこともありますが、これは古い考え方であり、現在では不適切です。2006年度の国際単位系(第8版)で、この意味では使ってはならないとされています(参考リンク 1 参照)。

240 を表す方法としては、IEC(国際電気標準会議)が定めている「テビ」という接頭辞があります。記号は「Ti」を使います。たとえば、1テビバイト(1TiB)は 1,099,511,627,776バイト(1,099,511,627,776B)を意味します。


参考リンク

  1. 国際単位系 | 計量標準総合センター (NMIJ)

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー