先頭へ戻る

ブロック | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

このページでは、プログラミングにおける「ブロック」を取り上げます。


解説

プログラム上で、いくつかのコードをひとまとめにしたものです。

コードブロックと呼ぶ方が明確ですが、単にブロックと呼ぶことが多いです。

仕様はプログラミング言語によって異なります。多くの場合、ブロックの中に複数のを入れ込むことができ、ブロックそのものも文とみなします。そのため、ブロックの中にブロックを入れる(入れ子にする)ことができます。

C言語、C++ の場合

C言語C++ のブロックは、文を1つしか記述できないところに、複数の文を記述するために使われます。たとえば、if の構文は、if (式) 文 が基本であり、「式」が真となるときに実行する文は本来1つしか書けません。これを、

if (cond) {
     flag = true;
     puts("OK");
}

というように、ブロックを使うことによって、複数の文を記述します(ブロックは {} で表現します)。


また、ブロックには、変数スコープを表現する意味もあります。

void func(void)
{
     int a = 0;

     {
          int b = a;
          // ...
     } // b のスコープはここで終わっている

     a = 10;
     b = 10;  // エラー。b は見えない
}

C言語のスコープについての解説が、C言語編第22章にあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー